副業・複業でフリーランスになる人が増えています

最近、副業や複業が広がり、会社員から個人事業主・フリーランスになる方が増えています。特に、IT系(システムエンジニア・デザイナー・プログラマー)のSESで業務委託を受ける、という方の相談が多いです。

しかし、会社員からフリーランスになった方、または会社員のまま副業をされている方は、これまでは会社の管理部門・法務部門がやってくれていた契約書チェックや会計処理、確定申告(年末調整)などを全部自分でやらないといけなくなります。

私は弁護士ですので、SESで業務委託を受けるとなったときに、会社から基本契約書を確認してくれと言われて、「このままこの契約にサインしていいのか?」と不安になって相談いただくことが多いです。
当然ですが、その契約書はSES会社にとって有利な内容になっているため、基本的にはトラブルが起こったときにフリーランス側に責任を負わせるような内容になっていることが多く、よく「こんな内容で絶対に契約しない方がいい」というものも見かけます。

ITに強い弁護士が、あなたの力になります!

当事務所の弁護士井垣孝之は、応用情報技術者であり、基幹システムのプロジェクトマネジメントをしたり、自らシステム開発をしたり、さらにはブロックチェーンベンチャーのボードメンバーといったことをしているため、IT業界にはかなり強いです。
契約書チェック・クライアントとのトラブル・報酬未払いなど、広く受け付けています。

IT系の個人事業主・フリーランスの方で、今すぐ相談したいという方は、ぜひ、以下の問い合わせフォームからお気軽にご相談ください。いきなり相談料がかかるということはありませんので、ご安心ください。

【フリーランス専用】契約書の無料リスク判定・契約書チェックはこちら

【個人事業主・フリーランス専用】今すぐ無料問い合わせをする


以下のフォームからお気軽にお問い合わせください!弁護士がすぐにお返事いたします。

▼会社名 (必須)

▼お名前 (必須)

▼ふりがな (必須)

▼メールアドレス (必須)

▼確認用メールアドレス (必須)

▼電話番号(必須)

▼会社所在の都道府県(必須)

▼お問い合わせの種類(必須)
法律相談契約書チェック無料カウンセリング(顧問契約)その他

▼契約書や資料がある場合はこちらからアップロードしてください。

▼お問い合わせ内容をご記入ください。