弁護士紹介


弁護士 井垣孝之

井垣孝之プロフィール画像

出身

1983年 大阪府豊中市に生まれる

略歴

豊中市立第十三中学校 卒業
大阪府立北野高等学校 卒業
京都大学法学部 卒業
同志社大学大学院司法研究科法務専攻 修了
最高裁判所司法研修所 修了
大阪弁護士会に弁護士登録(登録番号:49656)

藤木新生法律事務所にて2年間の執務後、2016年1月22日にロー・リンクス法律事務所を開設。

趣味・特技

器械体操をしていたため、スポーツ全般が得意です。
宅建合格・基本情報技術者・ファイナンシャルプランナー
Javascript(Node.js)で自らシステム開発も行っています。
また、大阪弁護士会の基幹システムのプロジェクトマネジメントも担当しており、IT系はかなり得意です。

最短かつ効率的な問題解決ルートを見つけることが大好きです。

得意な分野

残業代請求・交通事故・刑事事件・相続(遺産分割)・債権回収・事業承継・税務トラブル・各種損害賠償請求など、中小企業でよく起こる案件の処理を中心に取り扱っています。

ひとこと

弁護士業務以外に、起業家を育成するNPO法人を1つ・株式会社・合同会社を合計4社(写真館業・出版業・セミナー業・IT関係)を経営しています。
自ら会社経営をして新商品の開発やマーケティングもしているため、経営全般のアドバイスもできます。

紛争における相手の出方を予測し、交渉の中で結果を出すことが得意です。
裁判では獲得できないような金額を、示談交渉によって引き出すこともよくあります。

「弁護士に相談していいかわからない」「弁護士に相談したいけど、どれくらい費用がかかるのかわからない」という方には「無料プレ相談」を実施していますので、お気軽にご利用ください。


◎事務局よりひとこと◎

事務局の私から見た「井垣さんの特徴TOP3」をあげるとしたら・・・

①とにかく報連相がスピーディー、かつ正確。
クライアントさま、裁判所等各種関連機関、事務局との内部連絡、全てにおいて本当に迅速。

「これ結局どうしたらいいのかな、連絡つかないと進められない・・・」と困ったことがありません。
今の顧問弁護士は連絡がつきにくい、もっと迅速に細やかにサポートしてくれる弁護士を探しているという方とは相性が良いと思います。

とくに顧問先の方々に対しては、「原則、1営業日以内の対応」をモットーに対応しているため、事務局側も全力でサポートしております。

②「新しい分野」に関する事件、「示談交渉」になると燃える。

「他の弁護士には、裁判例が少なく難しいと断られてしまった」
「裁判の前にもどうにか交渉できないか」
といったご相談があると、井垣さんは俄然燃えます。

クライアントさまのご要望に応える問題解決方法がないか、途方もない資料とにらめっこしながらいつもわくわくしているのが伝わってきます。

最近はインターネット関係の契約関連や、ネット銀行口座凍結の預金返還請求事件、フリーランスやNPO法人・ベンチャー企業の法務案件などが増えてきており、
前例がない、難しそうなご相談ほど楽しそうに見えます。

③肩幅が広い(笑)
きっと法律相談などで同じことを感じる方も多いのではないかと思います。
肩幅が広いです。笑

スポーツしてましたオーラを感じます。今はゴルフにはまっているとか。

弁護士に相談するべきか、相談するベストなタイミングがいつかのアドバイスが受けられる「プレ相談」は、実は事務局のアイデアを先生がすくい上げてサービス化したものです。
事務局も一丸となってあなたの問題解決に全力を尽くします。
どうぞお気軽にお問い合わせくださいね。

【お問い合わせ】

「弁護士に相談するべきかわからない」というご相談ももちろん喜んでお受けします。お気軽にお問い合わせください。

あなたとロー・リンクスがつながることが、問題解決の第一歩となります。

050-5578-2951

営業時間:平日10時〜18時

 

メールでのお問い合わせはこちら

下記フォームに必要事項をご記入いただき、「送信」ボタンを押してください。
折り返しのお電話をご希望の場合は、電話番号をご記入ください。

お名前 (必須)

ふりがな (必須)

メールアドレス (必須) ※携帯電話のアドレスの場合は、@law-links.jpの受信設定をお願いいたします。

確認用メールアドレス (必須)

電話番号(必須)

お住まいの都道府県(必須)

お悩みのテーマは?(必須)

いつ頃の出来事ですか?(必須)
        

誰とのトラブルですか?(必須)
        

お悩みの内容についてお聞かせください。(必須)

今回の件で特に求めることは何ですか?
        

その他気になること・特に聞いておきたいことがありましたら、お聞かせください。